NEWS05-02-2018 New Tokenized Fund is Live! Viejo San Juan (VSJ Token)Learn More

 

私たちの使命

Swarm Fund はプライベートエクイティのブロックチェーンです。これは完全に分散した資本市場で、ブロックチェーンの力を利用して投資を民主化し、暗号通貨トークンを使用したアセットバックファンドを通じて小口投資家に高利回りオルタナティブ投資クラスを提供します。より大きな規模の制度的規模のブロックに小規模な投資を統合することによって、 Swarm はプライベート・エクイティやヘッジファンドなどの伝統的な独占的な投資機会を提供しています。

また Swarm Fund は、制度型投資を希望する投資家の新しい資産クラスから、より多くの資本にアクセスすることを可能にしますが、多くのインスティテューショナル・ファンドの資金で必要とされる最小しきい値を満たしていません。プラットフォームのパイロット投資ツールには、ディストレス不動産ファンド、太陽エネルギー基金、および暗号ヘッジファンドが含まれています。

なぜSwarm と呼ばれるのですか?

“スワーム知能”(Swarm Intelligence)は、自己組織化生物システムの研究から生まれた科学分野です。多くの種は、社会的に活発な行動を動機付けるために多数のマルチトラックシステムを使用しています。これにより、複雑な生命が動的に進化し、進化することが可能になります。多くの点でこれはフラクタルの背後にある数学に似ています。ルールの形式化は、階層組織でよく起こるように、特定の構造レベルではなく、高調波原則のレベルで行われます。

Swarm Fund は、この概念(正式には「スティグマジー」と呼ばれる)をブロックチェーン技術を使って金融セクターに適用しています。異なるシステム動作が追跡され、肯定的な行動が誘発されるため、信用性は特に重要な役割を果たします。したがって基礎となるシステムの信頼性、透明性、有効性が高くなればなるほど、正式な受注や管理方法の必要性が減り、資金調達の自動化の程度が高くなります。
インフラの現在の状態は?
私たちのMVPはスマート契約を通じて展開されるステーク重視の流動性民主主義組織です。これは、原因やサブプロジェクトへの資本の提案や動的割り当てを可能にします。さらに、株式は売却可能です。スマートコントラクトはオープンソースであり、詳細は Github で見ることができます。

機械学習技術は最終的に「スマート投資」をどのように創り出しますか?

機械学習と適用された統計モデルはすでにウォール街で成功しています。同じ目的のために、私たちは暗号化空間において同様の方法を用いることが出来ます。暗号空間では、モデルが実際の人間によって作られた市場取引から学ぶことができる基盤を予見します。その後そのようなモデルは性能に基づいて選択される遺伝子モデルの形態でスクリーニングされます。新しいモデルは市場における既存の選択的圧力から進化することができ、これらの市場は目標を最も効率的かつ効果的に達成することができます。

なぜSwarm と呼ばれるのですか?

“スワーム知能”(Swarm Intelligence)は、自己組織化生物システムの研究から生まれた科学分野です。多くの種は、社会的に活発な行動を動機付けるために多数のマルチトラックシステムを使用しています。これにより、複雑な生命が動的に進化し、進化することが可能になります。多くの点でこれはフラクタルの背後にある数学に似ています。ルールの形式化は、階層組織でよく起こるように、特定の構造レベルではなく、高調波原則のレベルで行われます。

Swarm Fund は、この概念(正式には「スティグマジー」と呼ばれる)をブロックチェーン技術を使って金融セクターに適用しています。異なるシステム動作が追跡され、肯定的な行動が誘発されるため、信用性は特に重要な役割を果たします。したがって基礎となるシステムの信頼性、透明性、有効性が高くなればなるほど、正式な受注や管理方法の必要性が減り、資金調達の自動化の程度が高くなります。
インフラの現在の状態は?
私たちのMVPはスマート契約を通じて展開されるステーク重視の流動性民主主義組織です。これは、原因やサブプロジェクトへの資本の提案や動的割り当てを可能にします。さらに、株式は売却可能です。スマートコントラクトはオープンソースであり、詳細は Github で見ることができます。

どのように Swarm を管理するのですか?

Swarm は、流動性を基本とした民主的な管理システムを使用しています。この制度では、株式は徐々にステークホルダーに売却されます。具体的な実装方法については、ホワイトペーパーを参照してください。

2017年10月のトークンセールの状況は?

プレセールとトークンセールでは、 Swarm Fund は820万トークンを販売しており、これは550万ドルに相当します。
財団の運営および製品開発予算は次のとおりです。
•製品開発47%
•セールおよびマーケティング23%
•法律および規制15%
•その他雑支出および管理14%

Swarmのチームメンバーはどんな人たちですか?

Swarm のコアチームは、財務、技術、ブロックチェーンに関する豊富な経験を持つ、あらゆるタイプの専門家で構成されています。 Swarm パートナーはエンジニアリングの背景を持っており、BankerBayの取引開始プラットフォーム及びVC(Timo)の投資家と役員、Deutsche バンクとAllianz(Philipp)のプライベートエクイティ経験を持つ元テクノロジースタートアップの創業者&CEOで構成されています。他のチームメンバーは、マイクロソフト、ファイスブック、UBSなど、テクノロジーやコミュニティを基盤としたいくつかのスタートアップを経験しています。当社のアドバイザーには、イーサリアムの共同設立者、Jaxxの創設者Anthony Di’Iorio、Sequoia Heritage Fundの共同設立者Mark Oeiが含まれます。

Swarm はファンドマネージャーですか?

いいえ。 Swarm は資金も管理できるプラットフォームです。当社のプラットフォームは投資家をファンドシンジケートと結びつけ、暗号化資産を複数の異なる資産クラスにわたって現実の資産に投資する機会を提供します。
機械学習を組み合わせることで、 Swarm の人工知能エンジンは難しい投資判断を自動化し単純化します。

インフラの現在の状態は?

私たちのMVPはスマート契約を通じて展開されるステーク重視の流動性民主主義組織です。これは、原因やサブプロジェクトへの資本の提案や動的割り当てを可能にします。さらに、株式は売却可能です。スマートコントラクトはオープンソースであり、詳細は Github で見ることができます。

それは資金調達のプラットフォームですか?

はい、ですがそれ以上のものです。プラットフォームのユースケースの1つは、個人資産のための資金を調達することです。 Swarm は伝統的な資金調達プラットフォームとして機能することができます。資金調達プラットフォームは、我々が構築しているエコシステムの1つの側面に過ぎないだけでなく、 Swarm によって構築された多数のプラグインサービスによって強化されたコア投資エンジンも含みます。各サービスは、自動投資能力全体に、より強力な機能を追加します。

しかし、誰かがこの資金を審査する必要がありますよね?

2018年、プラットホームの初期展開段階で、 Swarm チームはバーティカル分野と地理的多様性を考慮に入れ、これらの投資機会を検討しました。
このレビューの結果は、デューデリジェンスの認識を提供する人には公開されます。 Swarm コミュニティは、 Liquid Democracy Voting Module(LDVM) を適用してホスティングの機会があるかどうかを検討します。
またプラットフォームのニーズに合わせて、機械学習技術も並行して開発されます。最初に機械学習技術は予測的な解決策を提供し、人間はその計画に基づいて最終決定を下します。それを会議室の11番目の人だと考えて下さい。

米国で法的地位を取得するには?

このオーナーシップ、ガバナンス、3階層トークン構造は、米国におけるセキュリティ規制の法的基準である Howey Test のいくつかの側面を通過できるように設計されており、ICOの要件を満たすために、2017年7月25日に SEC によって発行されたガイドラインが使用されています。

ファンドがSwarmに入る動機は何ですか?それは金銭的動機、それとも他の動機ですか?

私たちは以前は最低限度額、除外条項、および規制上の要件によって制限されていたかもしれない新しい投資家カテゴリーから資金を得る機会を、ファンド・マネージャーに提供していますー例えば暗号通貨と小売カテゴリなど 。
これにより、ファンドマネージャーはブランド組織にアクセスしなくても良くなり、またフロントエンドのトランザクションフロー、データ、および簡単な管理にアクセスする機会を享受できます。
投資家に資金調達するこの簡素化された方法は、ユニークで効率的なエクスペリエンスと流動資産への直接アクセスを提供するので魅力的です。

3層トークンモデルとは何ですか?

1. SWM トークンは、プラットフォームをサポートするgas燃料トークン。最外層。
2. SUN(Swarm Utility Network) トークンは、米ドルにリンクされたトークンであり、SUNエコシステム内の資金を象徴している。
3. SRC20 トークンは SUN エコシステム内のトークンであり、個別に名前が付けられ、後で信託基金に割り当てられる。たとえば私たちのディストレス不動産ファンドは、 DRE と呼ばれる SRC20 トークンを持ち、その役割はプロジェクト内の資金の流れをシミュレートすることである。